脱毛の心得

医療レーザー脱毛の秀逸な効果

医療レーザー脱毛の秀逸な効果

毛母細胞と呼ばれる毛根の組織に直接刺激を与えて発毛サイクルを遮断する脱毛方法には、脱毛クリームや光脱毛のほか、ニードル脱毛や医療レーザー脱毛など、様々な種類があります。中でも、ニードル脱毛と医療レーザー脱毛は、毛母細胞と呼ばれる毛根の組織に直接刺激を与えて発毛サイクルを遮断するため、効果が高いでしょう。

ただし、ニードル脱毛は、針を皮膚に刺して毛根を熱で潰すことから、抵抗を感じる人が少なくありません。その点、医療レーザー脱毛はレーザーを皮膚に照射するだけなので、ニードル脱毛より敷居が低いのです。

医療レーザー脱毛 そこで、ムダ毛に悩まされる人が医療レーザー脱毛を試すケースも増えてきました。医療レーザー脱毛は、医療従事者にしか認められない医療行為で、病院やクリニックといった医療機関でしか受けられません。医療レーザー脱毛を病院で受けても、保険は適用されず、自由診療になります。

したがって、費用は高額になってしまいますが、ムダ毛の再生を阻めるうえ、医療従事者による慎重なケアを受けられて安心です。一度レーザー照射された部位は、ほとんどムダ毛が再生しないでしょう。

医療レーザー脱毛は皮膚に強い刺激を与えるため、全身を短期間で脱毛できません。数ヶ月のブランクを空けて少しずつ照射を受けると、全身脱毛も可能です。

重篤化の心配はありません 病院やクリニックで医療従事者に相談し、長期計画を立てて治療に臨めば、無理なく全身脱毛できます。医療レーザー脱毛を受ける時は、皮膚に痛みを感じるものの、麻酔薬の投与や冷却装置の使用によって、かなり痛みが軽減されます。

医療レーザー脱毛を受けた後、一部の患者の照射部位に赤みや腫れが残ることもありますが、医師や看護師などの医療従事者がアフターケアをしてくれることから、重篤化の心配はありません。

従来は、肌の弱い人のほか、肌の黒い人や日焼けした人は、レーザー照射によって皮膚にダメージを被るので、医療レーザー脱毛を受けられませんでした。しかし、医療機器の発達により、こうした人たちもレーザー脱毛が可能になったのです。

脱毛は秋がベストな理由とムダ毛のサイクル

脱毛は秋がベストな理由とムダ毛のサイクル

脱毛を秋に行うべき理由は2つあります脱毛を秋に行うべき理由は2つあります。
まず脱毛には様々な方法がありますが、どの方法にも共通しているのが「肌に負担をかける」という点です。脱毛後の肌はいつもよりデリケートになっているため、できる限りケアをしたり肌を守ったりしなくてはなりません。特に注意しなければならないのが紫外線です。

夏場は紫外線の量も多く、肌の露出が多くなるため太陽に当たる部分が大きくなってしまいます。脱毛した後のデリケートな肌をそのような環境におくと、肌トラブルの原因になってしまいます。肌トラブルとは具体的な例を挙げるとシミや、そばかす、やけどなどに伴う痛みなどです。

せっかく綺麗な肌を手に入れたのに手入れを怠って別の悩みを抱えてしまうのはもったいないです。しかし紫外線対策をしようと夏場に厚手の長袖長ズボンで生活するのは暑く、熱中症などの危険もあります。

前年の秋頃から始める また汗でかぶれるなど、別のトラブルの原因になってしまいます。それに対して秋は夏よりも紫外線が少なく日焼け対策もしやすいのが特徴です。秋に脱毛を行えば秋から冬にかけて紫外線が少ない時期にしっかりとケアできるため余計な肌トラブルを起こさずに済みます。
次に脱毛にかかる期間が関係してきます。毛の成長にはサイクルがあります。

そのサイクルの中の成長期と言われる最も毛が生えたり伸びたりしている時期に脱毛を行うのが効果的です。しかしそのサイクルは毛ごとに異なっていてバラバラなので一回の脱毛で全ての毛が抜けるなどの完全な効果が出ることはありません。そのため2、3ヶ月ほどの周期で通い、同じところを何度か施術してもらう必要があります。例えば夏に水着を着るから脱毛したいと春に思っても間に合いません。
成長期と言われる最も毛が生えたり伸びたりしている時期
夏に間に合わせるのであれば少なくとも前年の秋頃から始める必要があります。
このように脱毛は秋に行うのがベストです。肌の露出が少なくなる秋から冬だからこそ肌への負担を最小限にすることができます。

秋に始めることで来年の夏にはきっと理想の肌が手に入っているはずです。

脱毛の後は保湿を徹底的にしよう

レーザーやクリームなど、脱毛にはいろいろな種類がありますが、どんな施術を受けた後でも保湿をしっかり行うべきなのは変わりません。脱毛をした後の肌は非常にデリケートで、そのまま放っておくと乾燥が進んで肌がカサカサになったり、ピリピリした痛みがずっと続くこともあります。酷いときは炎症や化膿が起こり、肌が傷んで老化が進んでしまうと言うケースも。肌を美しくするための脱毛効果をしっかり得るためには、こうした肌トラブルを避ける必要があります。そのためには、保湿をしっかりと行って肌のバリア機能を回復させることが不可欠なのです。


保湿にはもう一点、脱毛効果をアップさせるという嬉しい効果もあります。脱毛は一度で全て完了するわけではなく、ムダ毛が生えてくるサイクルに合わせて定期的に行わなければなりません。

とはいえ、ムダ毛が生えてくるサイクルは一定ではなく、肌のコンディションに影響を受けます。
肌の状態が悪ければなかなか生えてきませんし、生えてきても角質に埋まってしまい埋没毛になってしまうこともあります。この状態で施術を受けても、脱毛効果を十分に得ることができません。

しかし肌の状態を良く保ちムダ毛が生えてくる周期を整えることで、高い効果を得ることができるのです。また、肌を健康に保つことで、施術によるダメージに耐える強い肌を作ることにも繋がります。

Ω ムダ毛が生えてくる周期 体の部位によって乾燥しやすいかどうかが変わるため、特徴に合わせて適切な保湿ケアを心がける必要があります。まず共通して大切になるのが、強く擦らないようにすること。ダメージを受けやすくなっているので、余計な刺激を与えないように気をつけましょう。

顔は皮膚が薄くとても乾燥しやすいので、十分な量のローションや美容液を使いしっかりと潤いを与えるようにしましょう。ボディの保湿は、抜けがないよう行うことがコツです。腰回りやヒップはケアを忘れがちなので気をつけましょう。VIOは粘膜に近いため、しみたりするのを防ぐため肌に優しい化粧品を選ぶのがおすすめです。十分な量のローションや美容液を使う